スポンサードリンク

ロンドン在住 バレエピアニストHaRuKaのブログ

現役ロンドンライフと、知られざるバレエピアニストの実態🇯🇵..✈..🇬🇧

婚約しました 💍

こんにちは!

 

バレエピアニストのHaRuKaです。

 

 

タイトルの通りですが、この度イギリスで婚約しました💍✨

 

 

f:id:ballet_piano:20211201223214j:plain



 

 

ブログでこのことをシェアするか少し迷ったのですが、自分の中ではイギリス生活における大きな出来事なので書き留めておこうかなと思います。

 

 

 

彼とは渡英してわりとすぐ共通の友人を通して知り合い、ロックダウン中はほぼ一緒に過ごし彼のおかげで辛い時期も乗り越えることができました。

 

 

特に語学面は本当に支えられました。日常的な仕事関連のメールはもちろん、難しい英語の契約書の解読や書類作成時は常に一緒に確認してくれたり、彼はイギリス南部出身でとても綺麗な英語を話すので、会話の度にたくさん学ばせてもらっています。

 

ありがちな話ですが、やはり伝えたい!と思う相手が身近にいると自然と英語力も伸びていくのは本当だと思います。

 

ただ体感では、伸びたのは英語力というよりも、英語を話す習慣・度胸がついていったという感じでしょうか。

 

細かな表現やより適切なワードチョイスなどはやはり難しいので、今後も頑張って少しずつ身につけていきたいです。

 

 

 

また、彼は私のRoyal Opera Houseのピアニストになりたいという夢も心から応援してくれ、家にグランドピアノを手配してくれたり、オーディションで弾く合計30分くらいの曲を通しで、緊張の練習のために何度も聞いてくれたり…😭

(彼は全く音楽関連の人ではないので、春の祭典とかは辛かったはず笑)

 

 

この予想外のパンデミックの状況下において、彼がいなければ夢に向かって頑張り続けることは精神的にも物理的にも不可能でした。

 

f:id:ballet_piano:20211201224116j:plain

 


支え続けてくれた彼に本当に感謝しかありません!!🙏✨

 

 

 

ちなみにイギリスでは入籍はRegistry Officeで正式なウェディングを行った後に認められるため、来年小さな式を予定しています。

 

 

ただ最近またCovid19の新種が見つかって、制限が厳しくなってきたりしているので、今後どうなることやら…(^_^;)

 


加えて国際結婚は何かと手続きがややこしいのですが、とにかく今は、できる準備を一緒に少しずつ進めているところです😌

 

 

f:id:ballet_piano:20211201223615j:plain

 

↑彼のお母さんがお祝いにケーキを焼いてくれました!ウェディングドレス&タキシードのデコレーションは彼のお兄さんのアイディア&手作りだそうです!🍓✨

 

中学時代、美術の成績を取るのに死ぬほど苦労した私からすれば、創意工夫とはこういうことか…と脱帽するばかりです(笑)

 

 

 

今後は世の中の状況が少しでも良い方向に向かうことを祈りつつ、ウェディングと来たる重要なオーディション(この件はまた別途記事を書きます)の準備に励みたいと思います…!

 

 

皆様もどうかお身体にはお気をつけてお過ごしください。

 

 

 

また更新します✨

 

HaRuKa🌸